ママねこ備忘録

睡眠時間はどのくらいとれば翌朝スッキリするの?君はのび太?

更新日:

最近、子供が6時起きだから早寝しようと思って
昨日23時にはベッドに入ったのになぁ。

う~ん、
すっきり起きられない。
体が重い、、

なんでぇー。

それは君がのび太じゃないからだよ!

ということを教えてくれたのがこちらの本

睡眠こそ最強の解決策である
マシュー・ウォーカー

カリフォルニア大学バークレー校の神経科学と心理学教授が書いた本。
タイム誌ほか5誌でベストブックスに選ばれてアメリカで大反響だったそうです。

この記事では、
上記著書内容を基に、

  • 健康的な生活を送るために必要な睡眠時間
  • 7時間寝てるのにスッキリしない理由
  • スッキリ起きるために本当に必要な睡眠時間
  • についてまとめました。

    世界の財団が決めた人間に必要な睡眠時間はこれだ!

    そもそもどんだけ寝れば、朝スッキリ起きられて健康になれるの?
    という疑問にはすでに、ズバリ答えがでてます。

    それは、
    7~9時間!
    ということが国際睡眠財団アメリカ疫病予防管理センターによって発表されています。

    え?
    じゃあ23時にベッドに入って6時に起きたから、、7時間寝てるじゃん。
    でもだるいよと思われる方も多いかと。

    その理由こそ、
    今回の本で強調されている、睡眠時間に関する落とし穴です!

    ついつい忘れる睡眠準備時間

    その落とし穴とは、、
    大抵の人は、ベッドに入ってから眠りにつくまで30分~1時間程度かかる!
    ということです。

    つまり、
    23時に、「おやすみ~」っと布団に入ったとして、
    3秒後にグーグーと実際に眠りに入れるのは、のび太くらい。

    多くの人は、だいたい30分~1時間程の睡眠に入るための準備時間がかかります。
    となると、
    実際に眠り始めるのは0時頃。
    すると、実際の睡眠時間は6時間

    これでは推奨睡眠時間の7~9時間眠ったとは言えません。

    つまりはこれが!
    23時にベッドに入ったのに頭がすっきりしない原因だったのです。

    言われてみれば当たり前のこと。
    でも以外と睡眠時間を計算する時に忘れがちなのが、この睡眠準備時間です。

    翌朝スッキリする、本当に必要な睡眠時間

    要するに、
    推奨されている7~9時間睡眠を目指す時は、
    睡眠に入るための準備時間として+30分~1時間みておく必要があるということですね。

    例えば、6時起床なら
    20時~遅くとも22時には寝る準備に入ると十分な睡眠が摂れるようです。

    もちろん、ベッドに入って3秒で寝れるのび太タイプの方は23時に布団に入ってもOKです!










    -ママねこ備忘録
    -, , , ,

    Copyright© 海外リアルLAB , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.