3分で読める海外ニュース!

セーターを編む3DプリンタMach 2XSや接客ロボットがNRFで注目される

投稿日:

ヲタぬこ先生
こちらがMach 2XSと自立型のテレプレゼンスロボットの動画です。 こんな3Dプリンターが普及したら、お店に行ってオーダーメイドの服が簡単に買えちゃう日がくるかもしれないですね。

セーターを編める3Dプリンターに、顧客対応のプロフェッショナルロボ。

ニュースの概要ktkr!

  • National Retail Federation Showでインテルがセーターを編める3Dプリンターを発表
  • 一着45分でプリントし、編み方や、服の形など自分専用にあつらえられる

ニュースをもっとkwsk!!

先日、ニューヨークで開かれたNational Retail Federation Showで、
インテルブースの目玉は間違いなくMach 2XSだった。
日本メーカーの島精機が作った巨大なビジネスプリンターだ。

幅およそ3m、高さ約1.37mのそのプリンターはそれだけで小さな人だかりを作っていただが、さらに注目すべきはプリントされているものだった

一段ずつ編み込まれたものが一つになっていき、セーターが「プリントアウト」されていた

このプリンターは、一着の服を45分でプリントし、
編み方や、服の形など全て好みに合わせて自分専用にあつらえることができる。

昨今、ますます顧客がオンラインショップで買い物をし、実体のあるカートよりもバーチャルなものを選ぶ中、
小売業者は顧客を実店舗に引き戻すために、3Dプリンターやバーチャル・リアリティといった派手な技術を検討している。

ニューヨークを拠点とするAutonomousの責任経営責任者であるデ・ハイン氏は、実物大模型ショップで完全自立型のテレプレゼンスロボットを展示した。

「顧客満足体験というのは、まだ実店舗の小売店で解決しなければいけない非常に大切な問題なんだ。」

とハイン氏は大手小売りホームセンターのチェーン店での質の低い接客体験を引き合いにしながら話す。

「ホームセンターで私がして欲しい接客をしてくれないんだ。接客できるだけの知識を持ったスタッフがいないのか、もしくはスタッフはいるが私が欲しい製品の知識をもったスタッフがいないかだ。」

例えば、

配管や電気配線のような特定分野の専門知識をもった担当者がログインした自立型のテレプレゼンスロボットが、
ホームセンターで働くこともできるかもしれないとハイン氏は考える。

ニュースのソースリンク

スポンサードリンク

-3分で読める海外ニュース!

Copyright© 海外リアルLAB , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.