3分で読める海外ニュース!

マット・デイモン、ダボス会議で途上国への浄水事業支援募る。

更新日:

ヲタぬこ先生
様々な国のニュースをいつもよりkwsk要約したお。ソースを見たい場合はリンク先参照。今日は最近IMFなどでなにかと騒がれている水の話題について。キリッ

マット・デイモン、ダボス会議で途上国への浄水事業支援募る(2017年1月17日の記事)

ニュース概要ktkr!

  • マッド・デイモンがダボス会議で発展途上国への浄水支援を呼びかけた
  • ビール醸造社ステラアルトワから数百億ドルの支援申し出があった
  • ステラアルトワ社はこの支援で350万人の人々に浄水を届けることを目標にしている

もっとkwsk!!

アメリカの俳優マット・デイモンが、
火曜日に行われたダボス会議で自身が行う水の浄水事業Water.orgへの支援を呼びかけた。

この事業へはベルギーのビール醸造社ステラアルトワから数百億ドルの支援を受けることが決まっていた。

Water.orgの目標は、
500万ドルをマイクロローンとして提供し、
発展途上国で浄水を利用できるようにするためのプロジェクトに出資することだ。

デイモンさんは、

「もう1100万ドルの資金が集まっている。人は問題解決の力になりたいんだ。誰かに施しをするのではなく、自立させる手助けがしたいと思っているんだ。」

と述べた。

アンハイザー・ブッシュ・インベブのブランドの一つであるステラアルトワは、4年間で480万ドルの支援を約束した。
それと同時に、アンハイザー・ブッシュ・インベブは浄水の利用が限られたアフリカ進出を予定している。

「水は弊社商品の一番の原材料ですから、水には非常に配慮しています。」

とアンハイザー・ブッシュ・インベブアフリカのトップ、リカルド・タデウ氏は言う。

Water.orgへの支援の決定後、アンハイザー・ブッシュ・インベブはSABミラーを1000億ドル以上の金額で買収した。
SABミラーはラテンアメリカやアフリカにその事業を広げていた醸造会社だ。

ステラアルトワのグローバルブランド部副部長であるクリスティーナ・チョイ氏は

「確かな結果と手ごたえを感じています。」

と話した。

ステラアルトワは「女性に一杯おごろう」キャンペーンも引き続き行っていく。
このキャンペーンでは、限定版のビールグラスを一つ買うごとにその売り上げから、一人の人が5年間に必要な浄水を賄う資金が寄付される。

水不足は特に女性や子供に大きく影響する。
学校や仕事に行く時間を水を汲みに行く時間に割かなければいけないからだ。

このプロジェクトが始動してから2年間で、225000個のグラスが売れ、300万ドル以上がwater.orgに寄付されたとステラアルトワは説明し、
今回の新しい支援の目的は350万人の人々に浄水を届けることだと述べた。

ニュースのソースリンク

スポンサードリンク

-3分で読める海外ニュース!

Copyright© 海外リアルLAB , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.