実務翻訳に挑戦!

【実務翻訳に挑戦!】「今後」は英語でなんて訳す?

投稿日:

製品を買ってくれたお客さんに向けた取説の文書で、今後ベージョンアップの予定ありと言いたい

ねこ先生
「今後必要になったら」とか「今後バージョンアップ予定」なんて、便利に使える「今後」ですが、英語ではどう表現したらいいのでしょうか?

実務翻訳に挑戦!

今後、修理が必要になった時のためにシリアル番号を書きとめておいてください。

英訳のヒント

  • 製造番号:serial number
  • 修理が必要になった時のために:for maintenance purposes

対訳はこちら!

Write down the serial number for maintenance purposes in the future.

英文例の単語説明

  • Write down:書き留める。
  • make note ofやNoteでもOKです。

  • Purpose:目的。
  • Maintenance purposesで修理の目的。つまり修理が必要になった時のためにという意味です。

  • in the future:直訳すると、「将来」ですね。

解説:なぜ「今後」が「将来(in the future)なのか」

今回の「今後」にはin the futureを当てました。
In the futureは少し先のことをいうときに使います。

ニュアンスとしては、今日明日に修理が必要になるわけじゃないけど、そのうちに必要になる時のために、、、という感じです。

じゃあ、

「ソフトウェアが近日アップグレードされます」

みたいな近々のことを言う時には何て言えばいいの!?というと、
そんな時は「近い」という意味のnearをくっつけて、in the near futureでOK!

例えばこんな風に言えます↓

Neko Co., Ltd. plans to upgrade its software in the near future
ネコ株式会社は近日、ソフトウェアのバージョンアップを予定しています。

ちなみに、「今後、このボタンには触れないでください」
なんて時に使う、「今、この瞬間から」っという意味の「今度」はというと、、、
From now onで表現できます!

使用例はこちら↓

"Siri I'm hurt! Call me an ambulance!"
"Ok from now on I will call you "an ambulance."
"NOOOOOOO!"

(๑꒪□꒪๑)

-実務翻訳に挑戦!

Copyright© 海外リアルLAB , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.